表札の知識を詰め込みました

表札マニア

あなたの家の前を堂々と飾る表札

あなたの家の前を堂々と飾る表札。

表札とは、家の玄関の外に掲げるためにある、その家の持ち主の名が入ったプレートのことです。
これは、 お店でいう看板のようなもので、あなたの家を飾りつけるような、一つのワンポイントのようなものでもあります。

もしもあなたが他人の家を訪ねるときなどには、その家の表札の名前を確認してから、うかがうのではないでしょうか?
このページをみている方は、もしかしたらたかが表札と考えているかもしれませんが、そうではないよと、このサイトでは言っておきたいと考えています。

この、「表札」一つ掲げているだけで、家の雰囲気が、まるで一変します。
大げさな言い方かもしれませんが、表札のない家よりは、堂々と掲げられている家の方が、立派に見えてきませんか?

様々な表札のカタチがあると思います。
例えば、苗字だけを大きく書いたものや、そして、主人の名前を堂々と書いたもの。
そして、家族の名前を連名を入れたものなどなど・・・

最近は石や木を使った表札だけでなく、ガラスや、ステンレスなどの素材を使っているもの・デザインに凝っていて、モダンなテイスト溢れるものなど、多様なニーズに応えた商品が存在します。

最近は、リフォームなどの際に、そのリフォームのついでにと、新たに表札を作って家の前に掲げることもありますし、また、そのリフォームが内装や外装にもこだわっていたような内容だと、その内外装にあわせたモダンなデザインにするようなこともあると思います。

また、自作に関する情報がネット上に多数あり、自作で、紙をラミネートしたものから、本格的に石を持ってきて、道具を使って名前を彫るような人まで現れています。

もちろん、これまでのように、木や石の中でも高級な素材を使い、職人によって製作された一流品などもありますし、ネットでの通販を覗いてみると、実に多彩な種類があり、私たちには、どのような表札を選ぶのかという選択肢が実に数多く存在しています。

あなたの家の表札はどのようなものになっていますか?表札は、あなたの住まいにとって、大事な”顔”になることでしょう。

歴史について

庶民にとっての表札の歴史というのは、意外と浅いもののようです。

ある文献によれば 、江戸時代のお侍様の住んでいる武家屋敷には、すでに苗字のみの表札があることにはありました。ですが、一般の庶民には、当時”苗字”がないために、家の前に表札を掲げるようなことは無かったようです。

それから時代は変わり、明治に入ったころ、国民に苗字を持つことを許されたことで、それから庶民の間において、家の門に姓名や番地を書き込んだ表札が出回りはじめたとのことです。

その当時の表札は、そのほとんど木で出来ているもので、文字は墨で書かれたものでした。

こうした表札を門に取り付ける・・というのは当時における、一種の”ステータス”でもあり、その当時の商屋さまや地主さまなどといった、その土地の名士に限られていたとのことのようです。

それから、明治中ごろに入ると、家を新築する際には、表札を掲げる家も少しずつ増えてきたようです。

現在の様に、一般的にも表札が普及するようになったのは、関東大震災後における住宅の建て直しや鉄道の普及によって、人々の移動や移転の活動が活発となり、また郵便が普及していった背景があり、そのような背景の中で表札は実用的なものとなって、全国的に広まっていった・・ということらしいですね。

詳しくは、表札の歴史 その1より。

Favorite

「ラ・パルレ」の「骨盤モデル美脚メソコース」でまさかの1kg減!

Last update:2017/7/31

ページTOPへ戻る。