表札の知識を詰め込みました

表札マニア

歴史1

表札の歴史 その1

表札の歴史は、

表札の歴史は、名字の歴史と直結しているともいえ、実に大きく関わっていることが分かっています。

私たちは現在、名字(苗字)、姓(氏・本姓)は、区別無く、ほぼ同じ意味の言葉として使われています。
ですが、古代の日本においては、名字(苗字)、そして姓(本姓)は全く別の意味を持っていました。

「姓」というのは、当時の天皇から与えられていた、公的な権力・そして地位を示している、一種の称号ともいえるものでした。
その一方で、「名字」というのは、その家名を現すため、その人間の出身地の地名などをつけた「名」として使用されてきました。

それから時は進み、武士が登場するころになると、自分の支配している土地の地名も、自分自身の「名字」として名乗るようになっていました。

江戸時代・つまり徳川幕府の時代に入った頃には、いわゆる”士農工商”の身分制度が定着してきていた時代で、武士以外は苗字(名字)を名乗ること、そして帯刀(武士以外の身分の者が刀を挿して歩くこと)が禁止されました。
この政策によって、一部を除いて、庶民は名字を名乗れなくなったのですが、
当時の文献などによると、実際のところは、一般の庶民もかなりの人たちが、名字を持ち、名乗っていたようです。

では、苗字を名乗ることが規制されていた時代を経て、現在のように全ての国民が名字を持てるようになったのはいつなのかというと、武士が支配してきた時代が終わりを告げ、激しく時代が変わった、明治時代に入ってからのこと。

明治3年(1870年)に、当時の明治政府より「平民名字許可令」という、これまで苗字を名乗れなかった庶民も苗字を名乗って良いとする声明が出されたのですが、
当時、国民はこの新しい時代に入ってできた明治政府をあまり信用しておらず、もし名字をつけると課税されるなど、何かあるのではと警戒したことから、名字を名乗る人は実際は少なかったそうです。

そこで、明治政府は、明治8年(1875年)に、「平民苗字必称義務令」を公布しました。
これは、全ての国民に名字を名乗ることを義務付けたものであり、同時に明治以前までは名字(苗字)とは別のものであった、「姓(氏、本姓)」が廃止されることになりました。

・・・以上は、苗字の歴史がメインのお話でしたが、
次のページからは、「表札の歴史」を書いていきます。

表札の歴史 その2へ。

Valuable information

粉末緑茶を飲む
http://www.matsudaen.com/

2016/9/6 更新

ページTOPへ戻る。